朝のコップ一杯の水

便秘解消のためには、腸内にある不溶物を出すことを徹底して考えてください。
この時にてっとり早いのは薬ですが、便秘解消薬については、最終手段として、身近にあるものでの解決法を考えてみましょう。

それは水です。
人間は1日2リットル程度の水分を取るのが理想とされていますが、便秘解消のためには、それ以上が良いとされています。
この時に注意したいのが、色のついたモノではなく、糖分や塩分もゼロの真水です。
もちろん白湯でもOKです。

便秘解消のための水分で、必ず行って欲しいのが、朝起きてすぐのコップ一杯の水分です。
この時にベストなのが冷たい水ですが、無理な時は白湯などでも良いでしょう。
この朝の水は、睡眠中に休んでいた腸を起こす働きがあります。
起きてすぐの体に冷たい水を入れることで、各臓器も動き出します。

その時に腸に老廃物があったとしたら、すみやかに排出する体勢に入り、便秘解消が期待できます。
その時に出なくても、朝順調に腸が動くことで、その日1日の腸の働きに完全にスイッチを入れることができます。

効果が早い方ですと、その時にダイレクトに腸に効き目が出て便秘解消が望めます。
この時に注意したいこととして、すぐにトイレに行ける環境にしておくことです。
水を飲む、トイレに行きたい、でも行けないということになると便意は再び引込み、便秘を促進してしまう可能性が出てきてしまいます。
ですから、この便秘解消法をする時には、すぐにトイレに行けるようにすることも大切です。